商品情報にスキップ
1 10

1932 マーティン 0-18

1932 マーティン 0-18

通常価格 $17,995.00
通常価格 セール価格 $17,995.00
セール 売り切れ
配送料はチェックアウト時に計算されます。

使い古された 1932 年製 Martin 0-18 にたくさんの雰囲気が漂います。心地よくコンパクトで、印象的なプロジェクションと優れた明瞭度を備えたサウンドキラーで、集中したハイエンドの存在感、タイトなローエンド、信じられないほど甘い中音域のキャラクターを備えています。全体的に良好な状態ですが、全体的に表面の磨耗が激しく、いくつかの亀裂が修復され、上部にシェラックコートが追加されています。新しいサドル/ブリッジ、リフレット、ネックのリセットなど、いくつかのアップデートのおかげで素晴らしい演奏が可能です。ユニークで素晴らしいサウンドの黄金時代のマーティンです。ハードシェルケースが付属します。

「どのようにしてこれほどクールな要素をスモールボディのギターに詰め込むのか想像もつきませんが、マーティンは 1932 年のこの絶妙な 0-18 で間違いなくそれをやり遂げました。バーフレット、軽いスキャロップドブレイシング、工場出荷時のシェードトップなど、すべての条件を満たしています。黄金時代のフラットトップの逸品です。背面と側面の亀裂の修復と仕上げ作業により、この個体はスミソニアン博物館から除外される可能性があります。これは、これらの小さな大砲を待ち望んでいる私たち全員にとって朗報です。スタイル 18 はローズウッド パーツを採用しており、モダンな 18 よりもマホガニーのスタイル 28 に似ています。ブリッジと指板には美しい漆黒のエボニーが使用され、独特でガラスのようなハイエンドを低/中重量のトーンパレットに与えています。フィンガーピッカーもフラットピッカーも同様に喜ばせます。

ファクトリーマーティンシェードトップの信じられないほどの希少性についてはすでに話しましたが、今週の2つの例は、カスタムオプションとしての短期間の存続期間中にどれだけの差異が存在したかを説明するのに適しています。注文が非常にまれだったので、マーティンはこれらのダークトップをスプレーするための標準的な方法を開発することはありませんでした。この特定の個体は、30 年代初頭の多くの個体と同様に、より濃い深紅色の色合いで、エッジの周りにわずかに暗い赤だけが付いています。 10 年代の終わりまでに、顕著な 3 トーンのアンバー サンバーストが標準になりました。その間に、しばしば技術の不安定な進化により、さまざまなサンバーストのバリエーションが生み出され、その中には他のものよりも魅力的なものもありましたが、常に観察するのは興味深いものでした。修理の歴史はあっても、これは一生に一度の楽器であり、世にあるほぼすべてのマーティン コレクションの中でも宝石となるでしょう。」

詳細を表示する